現在のファッション業界の抱える課題点

商品の同質化

現在のファッション業界はほとんど同じ情報が共有し、それを元に商品製造・もしくは買い付けを行なっている事実がございます。

この結果、店頭に並ぶ「売れ筋」と呼ばれる商品は殆どが同じ作りになっています。

百貨店などに足を運ぶと、1フロアのディスプレイ全てが同じ様な商品を飾っていたり、ファッション雑誌を見たときに、ブランド名を隠してしまうと「この洋服はどこのブランドのものだろう?」とわからなくなっています。

また仮に他社とは違う商品を作ったとしても、「売れる」とわかった途端、模倣されています。

この様な「商品の同質化」と呼ばれる問題を解決する術が現在の段階では見つかっていないのが現状です。

販売員の質の低下

ショッピングモールが過去に比べ飛躍的に数が増えていることに対し、各メーカーも次々と新規出店を行なっています。

しかしこの新規出店に対し、売り場に立つ販売員の数が圧倒的に不足しています。

各メーカーはこの販売員不足を解消する為、コストが上昇し続けている大手派遣会社や人材紹介、さらには学生アルバイトやマネキン会社などに頼らざるを得ない状況となっています。

この結果、全くの未経験者が十分な研修も受けずに売り場に立っていたり、あまり戦力として考えることが出来ない学生アルバイトを売り場に立たせています。

派遣会社や学生アルバイトの場合、どうしても「次の職を見つけるまでの仕事」「学生のうちだけ」という意識がありますので、正社員と比べると、仕事に対する意識や成長の度合いに差が出てきてしまいます。

このような店舗は、一見外部から見るとそれなりに機能しているように見えてしまうのですが、実は店舗が本来もっている力が全く引き出せないという、メーカーとしても頭を悩まされてしまう店舗になってしまいます。

他社との差別化の為に

弊社は、現在ファッション業界が抱えている課題点に対して、商品で差別化が出来ないのであれば店頭で直接お客様と関わる、

人(販売員)で差別化をするしかないと考えます。

また、販売員の質の低下に関しても販売員を育てるだけではなく、高い人間性を持った人を育てる事で、お客様からまた来たいと思って頂ける販売員を目指します。

その為に、正社員、アルバイトに関わらず1人の人として全スタッフと向き合い、それぞれが持っている個性(能力)の強味を伸ばし、課題点は改善します。

単なる販売員としてだけではなく、1人の人としての成長に導きます。弊社にはそれが出来る人と力があります。

弊社の強味は1人1人が誰かの為に全力で頑張れる事です。

自身の事ばかりだけではなく、自身の周りの人の事を想い、考え、行動できる人。そんな人が集まるからこそ、他社には無い想いとパワー、行動力があります。

この強味を武器とし、ファッション業界の抱える課題点に対してチャレンジをし続けて、人として、企業として成長していきます。

© 2023 サイト名 Wix.comを使って作成されました​横浜市

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram